Weekly Photo Challenge: Gone, But Not Forgotten

This post is in response to the Daily Post Weekly Photo Challenge. This week’s theme is “Gone, But Not Forgotten

***

“Symbols of Peace”

The Nagasaki Bomb Museum is confronting and a stark reminder of the horrors of war. But the neighbouring Peace Park is a calm and beautiful dedication to those who lost their lives. They may be gone, but they’ll never be forgotten.

The true story behind the origami cranes being hung up at the Hiroshima and Nagasaki Peace Parks goes back to a little girl called Sadako Sasaki. Nine years after the atomic bomb, she developed cancer from having been exposed to the radiation. While she was in hospital, she decided she would fold 1000 origami cranes. It’s a legend that whoever can meet this challenge will be granted anything they wish for. Some stories say she completed more than she needed, while others say she didn’t reach her goal, but regardless, in the end the cancer won. She became a hero amongst her family and friends, and soon the entire country knew about “Sadako and the 1000 paper cranes”.

Advertisements

12 thoughts on “Weekly Photo Challenge: Gone, But Not Forgotten

    • Hi Tina. I’m glad you now know about Sadako. I read it for the first time in a children’s book actually. One of the many sad stories to come from WWII. If you’re interested, I also recommend watching the animation Grave of the Fireflies.

      Like

    • Thank you, John. I agree. I read this story when I was a child, so even though the cranes have an optimistic and hopeful meaning to them, I can’t help feel a sense of sadness too because I connect them with that little girl.

      Like

  1. わたしは 第2次世界大戦(だいにじせかいたいせん)がおわって 
    9年後に 長崎で 生まれました。そして 今日、60歳の誕生日をむかえました。
    私の母は 原爆(げんばく)が落ちたとき、14さいで 長崎の女学校
    (じょがっこう)へ 通(かよ)っていたそうです。
    幸(さいわ)いにも 学校の夏休みで その日は 長崎の市内に いなかったそうです。
    それで、私は子供のとき、母や祖父母(そふぼ)、 ほかの人からも 
    原爆の話を たくさん聞いて そだちました。
    ですから、8月9日の原爆記念日(きねんび)は わすれたことが ありません。
    千羽鶴(せんばづる)のことを ブロッグに掲載(けいさい)してくれて、ありがとう。
    非常に感動しました。

    Like

    • 子供の頃に学校でどんな気持ちでしたか。戦争のことを先生たちからよく聞きましたか。
      私もその原爆の話を知りたいので、今度会う時に教えてくれませんか。
      ところで千羽鶴の話を映画化したかどうか分かってますか。

      Like

      • 千羽鶴のはなしを 映画化したどうか よく覚えていません。
        佐々木 貞子(ささき さだこ)さんのことが 小学校の教科書にかいてあったことは おぼえています。わたしの父は 戦後、長崎大学病院の外科(げか)で 
        しばらく 働いていました。外科の教授(きょうじゅ)で しらべ先生というかたが 
        自分も被爆(ひばく)して からだが よわっているのに、毎日、病院に当直(とうちょく)して 被爆した市民のてあてをしていたそうです。しらべせんせいは 息子(むすこ)をふたり、原爆(げんばく)で なくしたそうです。とても つらかったことでしょう。

        Like

        • 悲しい思い出を思い出してくれてありがとうございます。しらべ先生とあなたのお父さんはとても私心なくて勇ましそうな人たちだと思います。私もすごく感動しました。

          Like

  2. Brilliant interpretation of this week’s challenge. That is a very touching and inspiring story indeed. It must take a long time to fold 1,000 paper cranes, and a lot of patience too. Those are very colourful origami cranes in the Park. I am guessing they symbolise peace and hope.

    Like

Share your thoughts!

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s